【AD】ドロマー(白青黒)天門デッキリスト(10/11新規)【第16弾環境】 

ADデッキ解説

目次

1.デッキリスト

2.特徴

3.主要採用カード

4.その他採用候補カード

 

1.デッキリスト

デッキコードはこちらから

 

2.特徴

16弾環境にて《霞み妖精ジャスミン》や《DNA・スパーク》が登場したことで、より【白緑スノーフェアリー】が強化されることとなりました。

その【白緑スノーフェアリー】に明確に五分以上の勝率がつくという点で貴重であり、全体的なカードパワーも高く、安定して様々なデッキと戦うことができるデッキタイプとなっています。

     

3.主要採用カード

①《バルカディアス・チャージャー》

《ブレイン・チャージャー》と合わせて採用することで、《ヘブンズ・ゲート》や《白騎士ゲート》、《ロスト・ソウル》などの強力なカードに素早くアクセスすることができます。

 

②《知識の精霊ロードリエス》

このデッキの数少ないドロー手段の一つです。
《ヘブンズ・ゲート》からブロッカーを召喚する際は、こちらのカードを1枚目に選択することで2枚引くことができます。
《時空の支配者ディアボロスZ》を召喚した際にも、カードを引くことができます。

 

③《ヘブンズ・ゲート》

《白騎士ゲート》と並んで、このデッキの核となるカードです。
S・トリガーとして使用するだけでなく、能動的に盤面を展開するときにも使うことができます。
《大河聖霊エル・ドラード》の効果で使用する機会も多く、余裕があれば手札にキープしておきたいです。

 

④《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》

シールド・フォースの効果で場にとどまることができるため、相手のパワーが大きいクリーチャーを止めるだけでなく、実質的な除去体制を持ったまま攻撃に移ることができるのも魅力的なカードです。

《超次元シューティング・ホール》の効果で破壊されないのもポイントです。

 

⑤《超次元ガード・ホール》

7コストの中で屈指のカードパワーを持つカードです。
《時空の封殺ディアスZ》の覚醒を狙ったり、《悪魔神王バルカディアス》の進化元として場持ちの良い《時空の不滅ギャラクシー》を出すことのできる万能なカードです。

 

⑥《ロスト・ソウル》

【ドロマー天門】対面で先に撃つことができると優位に試合を進めることができます。
また、【白緑スノーフェアリー】対面においても《ダイヤモンド・カスケード》の効果使用後に合わせて使用するなど、活躍の場は多いです。

 

⑦《悪魔神王バルカディアス》

不利な盤面でもリセットすることができたり、《奇跡の精霊ミルザム》を進化元とすることで、デメリット効果なしで盾の追加を保つことができます。

相手の呪文をすべて無効化するのも強力です。

 

⑧《奇跡の精霊ミルザム》

やはりシールドを5枚も追加する効果は非常に強力ですが、場を離れると手札が増えると同時に《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》のシールド・フォースが剥がれてしまいます。
2体召喚するとシールドがすべて無くなる恐れがあるため、計画的に使用しましょう。

 

⑨《大河聖霊エル・ドラード》

このデッキの貴重なドロー手段の一つです。
相手のクリーチャーに強制攻撃効果をもたせるため、相手の貯めるプランを壊したり盤面の制圧に有効活用できるカードです。

《悪魔神王バルカディアス》よりもパワーが高く、《超神星マーキュリー・ギガブリザード》と相打ちできるのも偉いです。

 

4.その他採用候補カード

①《エナジーライト》

3コストでカードを2枚引くことができるドロー系呪文であることに加え、貴重な青単色のマナになります。
採用は《バルカディアス・チャージャー》との選択になると思います。 
《超次元ドラヴィタ・ホール》と一緒に採用することで、使いまわすこともできます。

    

②《ザ・ストロング・ガード》

手札の《ヘブンズ・ゲート》や《白騎士ゲート》などのS・トリガーが付いたカードをシールドゾーンに埋めることができます。
パワー6000以上のクリーチャーが自分のバトルゾーンにいるときに発動するドローの効果も優秀です。

   

③《吸魂バキューム》

《時空の不滅ギャラクシー》をこのカード1枚で覚醒前の状態から破壊することができます。
また《超神星ヴィーナス・ラ・セイントマザー》の効果を誘発することなく除去することもできます。

同型である【ドロマー天門】や【白青グレートメカオー】がシェアを伸ばしたときに採用するとよいでしょう。

   

④《超次元ミカド・ホール》

相手の小型クリーチャーを除去しながら、《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》で盤面を制圧したり、《時空の封殺ディアスZ》を召喚してそのまま覚醒を狙うこともできるようになります。

  

⑤《DNA・スパーク》

《時空の封殺ディアスZ》の覚醒に役立つカードであり、シールドを増やすこともできる汎用的カードです。
《大河聖霊エル・ドラード》の効果でも使うことができます。

    

⑥《清浄の精霊ウル》

メタモーフでタップ効果を持つため、《時空の封殺ディアスZ》の覚醒の補助や《悪魔神王バルカディアス》の進化元にできるなど器用に使うことができます。
こちらも《大河聖霊エル・ドラード》の効果で使用することができます。

    

⑦《超次元マザー・ホール》

こちらは光のブロッカーを出せる効果に加えて、超次元クリーチャーも出すことができます。
候補には《イオの伝道師ガガ・パックン》や《時空の霊魔シュヴァル》、《時空のガガ・シリウス》が考えられます。

  

⑧《聖霊王アルファディオス

出すことさえできれば勝ちの対面も多いエンドカードです。
スパーク系の呪文や《霊騎コルテオ》の対策にはならない点は注意です。

   

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

#BEANS

#BEANS

デュエプレ環境調査グループ(#BEANS)です。 今日もデュエプレ攻略がんばるぞー!

ランクマッチ ランキングボーダー

アーカイブ

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
TOP