【コラム】デュエプレでリメイクされたカード解説 第3弾編

その他コラム

はじめに

こんにちはチャンバラです!

今回は、紙からデュエプレでリメイクされたカード解説の第3弾「英雄の時空」編です。

前回の第2弾編はこちら

それでは、やっていきましょう!

 

目次

はじめに

①《剛撃精霊エリクシア》

②《腐敗勇騎マルドゥクス》

③《アクア・トランサー》

おわりに

 

①《剛撃精霊エリクシア》

1枚目はこちら

ジャイアントらしく木よりもデカい

《剛撃精霊エリクシア》です。

このカードはもう知らない人はいないと思いますが、《ヘブンズ・ゲート》が登場してから、【5色ヘブンズ・ゲート】で高火力のアタッカー兼高パワーの突破しづらいブロッカーとして活躍しました。

しかし、次弾の第4弾で《ヘブンズ・ゲート》が登場するまでは、そこまで見ることはなかったカードです。

さて、そんなこのカードにも元になったカードがあります。それがこちら

ちっちゃくなった

《聖断の精霊 エリクシア》です。

自然文明もなくなり、ジャイアントもブロッカーもなくなっています。

ですが、「このクリーチャーのパワーは、自分のマナゾーンにあるカードの文明1つにつき+3000される。」という能力はそのまま、「このクリーチャーのパワーが6000以上の時〜」という能力は強化された未来の能力パワード・ブレイカーとして引き継がれています。

お世辞にも強いとは言えないスペックをしていて、デュエプレで魔改造されたことでやっと環境入りを果たしました。

ブロッカーという能力が付いてるか否かで、天と地ほどの差があることが分かりますね。

これは、現代デュエマでも言えることで、いかに《ヘブンズ・ゲート》というカードが強力か分かります。

 

②《腐敗勇騎マルドゥクス》

2枚目はこちら

駆け抜けてる感じが好き

《腐敗勇騎マルドゥクス》です。

前の弾に登場した《地獄の門番デスモーリー》の上位互換であり、火文明が追加されたことでSAを持ち盤面処理だけでなく、アタッカーとして使うこともでき、腐る場面が少なくなりました。

このように、腐る場面が少ないこと、色が優秀なことから、クイックピックなどの特殊ルールや、ハイランダーデッキでもよく採用されたりします。

種族は、マイナーであるゴーストと、ビート戦術が得意なヒューマノイドとあまり嚙み合いが少なくあまり優秀ではなく、ほぼ唯一の欠点です。

ですが、欠点はあってないようなもので、総じて、とても優秀なカードと言えるでしょう。

このカードの元になったカードはこちら

もう見たくない

《腐敗勇騎ドルマークス》です。

このカードは、初めて多色カードが登場した第10弾に収録され、現在殿堂入りに指定されています。

盤面処理をしつつランデスをするのは強力ですが、自分もランデスしてしまうのが足を引っ張り、長年日の目を浴びることのないカードでした。

しかし、初めて登場してからなんと約16年後、《不敵怪人アンダケイン》というカードの登場により、最速3ターン目にランデスロックが成立してしまうコンボが見つかり、公式もこれを見逃すわけにもいかず殿堂入りに指定されました。

流石にランデス効果はやりすぎだと思ったのか、ランデス効果は削除され、代わりに火文明らしいSAが追加されました。

紙では、マナを破壊してじわじわと追い詰めていくカードですが、デュエプレでは、SAで戦場を颯爽と駆け抜けていくという対比が面白いですね。

 

③《アクア・トランサー》

最後のカードはこちら

忍者っぽい

《アクア・トランサー》です。

3コストで手札を2枚入れかえられる優秀なカードです。

また、種族も優秀で、【水単ツヴァイランサー】には、《クリスタル・ツヴァイランサー》を探しに行けるカードとして採用されることがあります。

同じコスト、同じ種族、同じ役割のカードに《アクア・ハルカス》《アクア・ハルフォート》があります。《アクア・トランサー》を使うメリットとしては、1枚多く山札を引けること、《アクア・ハルカス》《アクア・ハルフォート》を使うメリットとしては、手札を減らさず展開できることです。

なので、現在の【水単ツヴァイランサー】では、山札を引く速度が大幅に向上し、《アクア・トランサー》のメリットの重要性が薄くなっていて、《アクア・ハルカス》《アクア・ハルフォート》が優先されることがほとんどです。

このカードの元になったカードはこちら

「もう詰んだかも。」

《アクア・アナライザー》です。

3コストで山札の上から5枚まで見て、それらを好きな順番で仕込むことができるという優秀なカードです。

今でこそ、ゲームスピードが超高速化していてこのカードを使うタイミングがないですが、昔の環境のゲームスピードでは、何ターンも先のゲームプランを決めることができるのは、強力でした。

かつて、《アクア・ハルカス》殿堂入りしていた頃なんかは、リペアカードとして使われていたこともありました。

《アクア・トランサー》のフレーバーテキストはその体と引き換えに、未来視できる力を手に入れた。となっていて、そこからも、リメイクカードだということが窺えます。

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

《剛撃精霊エリクシア》がリメイクカードだったのは知らなかった人も多いでしょう。

このように、環境で暴れたカードも、違う視点で見てみるのも楽しいと思います!

それでは次のリメイクカード紹介、第4弾編でお会いしましょう!

チャンバラ/TKN

チャンバラ/TKN

ND最高レート1652 AD最高レート1663 白凰杯制覇 最終×2 紙のデュエマもやってます

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

#BEANS

#BEANS

デュエプレ環境調査グループ(#BEANS)です。 今日もデュエプレ攻略がんばるぞー!

ランクマッチ ランキングボーダー

アーカイブ

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
TOP