【ND環境調査】デュエプレ週刊メタゲームウォッチング(8/11~8/18) Vol.20【15弾】

ND環境調査

先週の記事はこちら

リンクを押してくださりありがとうございます。
今期もクイックピック頑張ってます!こんばんは、ピヴォと申します。

さて、バトルアリーナ8thの決勝トーナメントの激闘の熱気冷めない中、皆さまデュエプレを楽しんでますでしょうか。今週のメタゲームウォッチの期間はバトルアリーナ予選後の環境となっています。

予想外のデッキがシェアを伸ばしてきているかも…?!
それでは早速始めていきましょう。

目次

1週間の環境推移

環境考察

雑感

 

1週間の環境推移

 

環境考察

先週のグラフと見比べて目を引くのは《大神砕グレイトフル・ライフ》系統のデッキの増加でしょう。
特に週後半には【光水自然グレイトフル・ライフ】がシェアを大きく伸ばしてきています。

先週よりも【呪文型光闇自然超次元】【光水闇超次元コントロール】というコントロールデッキが少なくなってきたことが起因するように見えます。アーキタイプの推移を見てもミッドレンジ、ビートダウン系統のデッキが増えてきているのが追い風になっているのでしょう。

また【エンペラーキリコ】についてもこの週でシェアを伸ばしてきました。
構築を見ると《ケロディ・フロッグ》《アクア・サーファー》が入った構築を多く見かけるようになりました。
このデッキに関しては、母数が少ないながらバトルアリーナ8thの決勝トーナメントに2名も輩出した、まさに台風の目になったデッキでした。それ以外にもスイスドロー予選の突破報告も多かったり公認大会でも上位入賞を達成しています。

反対に同じ12弾環境のデッキの【Bロマノフ】については、バトルアリーナ予選当日の8/11までは一定のシェアはあったものの、その後は一気に環境外へ落ちてしまいました。

徐々にシェアを伸ばしてきていた【光水火超次元ビート】ですが、先述の【光水自然グレイトフル・ライフ】の増加に伴いシェアを一段階落としています。
この2デッキの相関関係を見るとメタゲームの面白さがわかります。

その他環境トップを走る【呪文型光闇自然超次元】や次点の【MRCロマノフ】や【スノーフェアリー】は堅調に推移しています。

1週間の推移をまとめると、

週の後半にかけて《大神砕グレイトフル・ライフ》系統のデッキが増加してきました。
それに反比例して【光水火超次元ビート】が母数を大きく減らしていきました。

その裏で大会で多数上位入賞の結果報告が上がったからか【エンペラーキリコ】がシェアを伸ばしています。

雑感

環境を語る上で、まず最初にバトルアリーナのデッキ選択が直近のランクマッチに影響を及ぼすということを避けては語れないでしょう。

バトルアリーナへ向けシェアを伸ばしていた【光水火超次元ビート】の台頭により、そのデッキをもメタった【エンペラーキリコ】【光水自然グレイトフル・ライフ】が環境でシェアを上げるのも納得の理由だと思います。
(バトルアリーナ予選前日の8/10時点では上記2デッキは3%未満)

盤面をコントロールして安全に勝ちに行くデッキが【呪文型光闇自然超次元】【光水闇超次元コントロール】のみで2デッキ合計しても20~25%とのことからコントロール環境で始まった15弾環境も少しづつビート環境に近づいているように読み取れますね。

今週の前半と後半のデッキ分布を見比べても顔ぶれが違っています。
少しづつですが【Bロマノフ】のように環境デッキの中でも「勝ち組デッキ」「負け組デッキ」の淘汰が早くも始まっているようにも思います。(【MRCロマノフ】メタで入っている《お清めトラップ》が辛い。)

反対に環境デッキの顔ぶれが違うため新たな強デッキが開発されるチャンスかもしれません。

直感的でいうと【光水自然グレイトフル・ライフ】をメタった新デッキなんて面白そうかなと筆者は勝手に思っています。


以上、ここまで読んで頂いてありがとうございました。

それではまた来週お会いしましょう。Goodbye!

ピヴォ

ピヴォ

酒とチョコレートで体ができてます。 1児の父。 最終レジェンドx2回 (スペルデルフィン、ネログリフィス)

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

#BEANS

#BEANS

デュエプレ環境調査グループ(#BEANS)です。 今日もデュエプレ攻略がんばるぞー!

ランクマッチ ランキングボーダー

アーカイブ

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
TOP