【ND】Tier表(8/22)【第15弾環境】 

NDTier表

こんにちは!らめどです!

みなさん第15弾環境にも慣れてきたでしょうか?
第14弾環境から環境にいるデッキタイプが大幅に変わったことや、第15弾で登場したカードを主軸として組まれたデッキの構築がまだ定まりきっていないことなどで環境が安定しないこともあり、依然としてメタが回り続けていて面白いですが環境読みが難しいことになっていますね。

今回はBEANS内で相談して現時点での暫定のTier表を作成してみましたので、あんまりランクマッチをできてなくてどんなデッキが環境にいるかわからないよって方や、どんなデッキが強いのか気になる人などの参考に少しでもなれば幸いです。

ADのTier表はこちら

 

目次

Tier選定基準

Tier表

Tier毎デッキ解説

 Tier1解説
 Tier2解説
 Tier3解説

おわりに

Tier選定基準

BEANS内で相談してTierを決めていますが基準は以下のとおりです。

Tier1

安定性が高く、多少対策されても乗り越えられる高いデッキパワーを持つ。
環境にいる多くのデッキに対して有利、または五分以上の相性を誇る。
環境の中心となる、トップクラスに強力なデッキ。

Tier2

Tier1と比較した際には安定性やメタへの耐性の観点で劣るが、多くのデッキに対して有利、または五分以上の相性を誇るデッキ。
環境の次点として、強力なデッキ。

Tier3

Tier1やTier2の一部デッキに有利など、一芸に秀でているがTier1やTier2のデッキと比較するとデッキパワーが低いデッキ。
環境読み次第ではしっかり戦える地力のあるデッキ。

Tierの選定基準としては基本的に上記のとおりですが、環境によってはデッキパワーが低くてもその立ち位置の良さや、有利デッキの多さ、プレイングの難易度、使用率などによってTierが上下する場合があります。
それでは現時点での第15弾環境NDのTier表を見てみましょう。

Tier表

Tier デッキタイプ
Tier1  
光闇自然超次元 闇火MRCロマノフ 光水自然
グレイトフルライフ
 
Tier2
光水火超次元 光火速攻 エンペラーキリコ 光闇水超次元
   
闇自然Bロマノフ スノーフェアリー    
Tier3
光火自然超次元 光水自然
ジャイアント
バルガライゾウ 光闇自然
グレイトフルライフ
   
光闇火オールイエス 水火剣誠    

Tier毎デッキ解説

Tier1解説

現環境でTier1に該当するデッキタイプは3つです。

まず解説していくのが現環境におけるメタゲームの中心である【光闇自然超次元】です。

このデッキタイプについては第15弾で《超次元ガード・ホール》や《悪魔神王バルカディアス》といった高コストのパワーカードが追加されたことにより環境に出現しました。
超次元ガード・ホール》はクリーチャーを墓地や手札と違ってプレイヤーが関与しづらい領域であるシールドゾーンに送りつつフィニッシャーである《時空支配者ディアボロス Z》や、後述する悪魔神王バルカディアスの進化元を場に出せる強力な呪文ですし、《悪魔神王バルカディアス》は盤面リセットをしつつ、呪文に頼ったデッキタイプ相手には強烈なエンドカードになり得る超強力な進化クリーチャーです。

デッキの動きとしてはマナブーストをした後に、《超次元ミカド・ホール》による盤面除去や《超次元ドラヴィタ・ホール》でアドバンテージを取りつつ、最後に先ほど紹介していた高コストのパワーカード達を投げつけます。
それにクリーチャーの採用数が少ないことを生かして、《ピクシー・コクーン》、《天雷の導士アヴァラルド公》、《リーフストーム・トラップ》の第14弾環境で【アヴァラルドコントロール】で使用されていたデッキ基盤を流用することにより、他の第15弾のカードを主軸したデッキタイプと比較した際に驚異的とも言えるほどの完成度の高さを有しています。

また環境に一定数存在する【闇火MRCロマノフ】や【闇自然Bロマノフ】などの墓地利用するデッキタイプ対策に《お清めトラップ》、扱い方は難しいですが相手の動きをピンポイントで阻害できる《ジェニー・ダーツ》を《超次元ドラヴィタ・ホール》で使い回せるのもこのデッキタイプの強みだと思います。

色々と対策はされ始めましたがそれでもデッキパワーがこの15弾環境で頭一つ抜けてるため、このデッキタイプの牙城を崩すことは相当困難であり環境の中心に居続けることでしょう。

 

次に解説していくのは【闇火MRCロマノフ】です。

こちらは第15弾でデッキコンセプトかつフィニッシャーの《煉獄邪神MRC・ロマノフ》や、スピードアタッカーを付与しつつリアニメイトできる《煉獄と魔弾の印》、墓地に”ロマノフ”があればS・トリガーになる墓地肥やし兼除去もできる汎用クリーチャーの《邪眼獣ヤミノオーダー》など相性のいいカードが採録されたことによって頭角を現したデッキタイプになります。

このデッキタイプの特徴としては、速攻系には弱いですが、《邪眼銃士ディミトリ》や《埋葬虫ベリアル・ワーム》といったブロッカーを持つシステムクリーチャーを採用するためビートダウン系とも戦えますし、後半に墓地が貯まれば貯まるほど有利なデッキのため《めトラップ》などの墓地メタを採用していないコントロール系相手には無類の強さを誇ります。

直近のGENJIカップで複数名の最終達成者を輩出したものの、《魔弾 ベター・トゥモロー》や《キリモミ・スラッシュ》を採用しワンショットキルを重視したタイプや、サブフィニッシャーに《邪眼皇ロマノフI世》を採用したタイプ、《超次元ボルシャック・ホール》や《超次元ミカド・ホール》といった超次元呪文を複数搭載し臨機応変に戦えるようにしたタイプなど複数の構築がそれぞれ結果を出していて採用候補カードがかなり多く、いわゆるテンプレというものが存在していないため研究のし甲斐があるデッキタイプだと思います。

 

Tier1最後に紹介していくのが【光水自然グレイトフルライフ】です。

このデッキタイプについては、第15弾で採録された《大神砕グレイトフル・ライフ》を中心に《秋麗妖精リップル》や《天真妖精オチャッピィ》などの相性のいいカードが登場したため誕生したデッキタイプです。
ただ【光闇自然超次元】や【闇火MRCロマノフ】といった第15弾環境ですぐ活躍し始めたデッキタイプとは明確に異なり、GENJIカップ終了後に調整と研究を経て産まれたデッキタイプのため環境に出てきてまだ日が浅いです。

悪魔神王バルカディアス》などの対策にフルクリーチャー気味に構成されるのが主で、動かし方は序盤はマナブーストをしてビートダウン系相手には《龍聖大河L・デストラーデ》によって盾を追加し息切れを待ち、コントロール系相手には《大神砕グレイトフル・ライフ》を投げつけてサイキッククリーチャーを展開しつつ殴ることができ、《大神砕グレイトフル・ライフ》を除去された場合は11マナあれば《秋麗妖精リップル》からサーチして再召喚、なんと14マナあれば《秋麗妖精リップル》のマナ爆誕から再召喚することが可能です。

また《秋麗妖精リップル》がこのデッキタイプととても噛み合いが良く、前述した《龍聖大河L・デストラーデ》と《大神砕グレイトフル・ライフ》の2大フィニッシャー両方にアクセスでき、採用していれば《サイバー・J・イレブン》でのエクストラウィンを狙うこともできます。

このデッキタイプは環境にいる全デッキタイプと比べても一番新しく環境に出てきたデッキタイプですので、これから対策がなされて数を減らすのか、それとも新たな構築が生まれて数を増やすのかとても楽しみなデッキタイプです。

 

Tier2解説

現環境でTier2に該当するデッキタイプは6つです。

まず解説していくのが前環境におけるメタゲームの中心であった【光水火超次元】です。

第14弾環境でランクマッチをしていた方には解説が不要なほど見てきたという人も多いと思います。
コントロール系とも戦える、ビートダウン系に強いビートダウンとして第14弾環境でも環境の中心として猛威を振るっていました。

ただ第15弾環境になると闇文明を採用しているデッキがこぞってビードダウンへの解答札として《時空凶兵ブラック・ガンヴィート》を搭載し始めたため少し肩身が狭くなってしまいました。

それでも《時空戦猫シンカイヤヌス》からの《時空魔陣オーフレイム》の動きは今もなお強力ですし、環境から《ローズ・キャッスル》が消えたこともあって、《時空英雄アンタッチャブル》を3枚以上採用して横展開を意識したり、《紫電城 バルザークを採用し《超次元ガード・ホール》や《霊魔覚醒者シューヴェルト》の盾追加効果を無効化しながら打点を増強するなど環境に適応するために構築の変化やそれに伴ったプレイングが変化していっている真っ只中です。

デッキパワーは第14弾環境での活躍で周知のとおりですので、あとはどれだけ新しくなった環境に最適化していけるかどうかがこのデッキタイプの今後を左右していくと思います。

 

次に解説していくのが【光火速攻】です。

GENJIカップでの最終達成者数が一番多かったデッキタイプです。
第15弾環境以前から存在していたデッキタイプですがGENJIカップでここまで結果を出したのは、Tier1の【光闇自然超次元】の影響で環境が低速化したため、速攻系のアーキタイプの立ち位置が過去最高レベルで良くなったことが大きな一因だと思います。

新規カードも3コストのスピードアタッカーである《ライラ・アイニー》が追加されたくらいで、デッキの動かし方も第15弾環境以前と全く変わらず、《凶戦士ブレイズ・クロー》や《予言者クルト》を1ターン目に召喚し、そこから《火之鳥ピルドル》や《カゲキリ》といった進化クリーチャーを上手く絡めつつ3~5ターンを目途にデュエルを終わらせに行きます。

最近では【闇火MRCロマノフ】の《埋葬虫ベリアル・ワーム》、《邪眼銃士ディミトリ》や【光水火超次元】や【光水闇超次元】の《王機聖者ミル・アーマ》を破壊しつつ、《時空英雄アンタッチャブル》や《時空戦猫ヤヌスグレンオー》を展開することのできる《超次元キル・ホール》が流行っている印象がありますね。

ただこのデッキタイプはデッキパワー自体はそこまで高いわけではなく、対策されると脆い面があるためこれ以上流行る可能性よりは、対策されて数を減らしていく可能性のほうが高いと思います。
それでも【光闇自然超次元】のようなコントロール系のデッキタイプとこのデッキタイプを同時に対策することがほぼ不可能に近いため、間違いなく環境から消えることはないデッキタイプではあると思います。

 

一時期環境から姿を消していた【エンペラーキリコ】についてもここ最近では勢いを取り戻してきた感じがしますね。

GENJIカップ終盤で【光火速攻】が大流行したため数を減らしていたこのデッキタイプですが、環境が低速化したことによりまた環境に戻ってきました。

マナブーストを絡めつつ《青銅の鎧》や《無頼妖精ワイルド・リリィ》を場に出し、《蒼狼始祖アマテラス》の効果や手打ちで《神歌星域》を唱え《エンペラー・キリコ》を出して、クリーチャーを展開していくという従来の動きは何も変わりませんが、最近では多色で事故要因になってしまう《オリジナル・サイン》を不採用にして進化元にもなる《霊騎コルテオ》を採用するのが主流になっています。
また、自身の動きをさらに安定化させるため《オリジナル・ブレイン》を採用したり、サイキッククリーチャーの処理ができ、《エンペラー・キリコ》や《神歌星域》で効果が2度発動する《ケロディ・フロッグ》の採用が増えた気がしますね。

ランクマッチよりもゲームスピードが遅くなる傾向がある公認大会や大型大会ではかなり結果を残しているデッキタイプですので、環境が今以上に低速化した際には環境の中心に躍り出るほどのポテンシャルを持っていると思います。

 

前環境でも活躍していた【光水闇超次元】も流石の安定感を見せています。

このデッキも先ほど紹介した【エンペラーキリコ】と同様に、遅い環境に有利のためランクマッチよりも大会で結果を残していることが多いデッキタイプです。

動き方は以前同様、《ゴースト・タッチ》や《ジェニー・ダーツ》などでハンデスし、《超次元ミカド・ホール》や《超次元ドラヴィタ・ホール》などでサイキッククリーチャーのフィニッシャーを出していきます。
フィニッシャーが弱いことが課題だったこのデッキタイプですが《超時空ストーム GXX》の登場により、相手の手札を枯らしてしまえば相手のトップ以外ではほぼ安全にフィニッシュできる手段ができたことはとても大きいと思います。

基本的には現環境は他のデッキタイプにハンデスが入らない影響でマッドネスが入りにくいため環境への刺さり自体は悪くないですが、【光闇自然超次元】の《天雷の導士アヴァラルド公》のように大量の手札補充をされてしまうと単体ハンデスをすると逆にこちらが不利になってしまったり、墓地利用するデッキタイプが多いため不用意に《ゴースト・タッチ》を打つとそれを利用されてしまったりするため、ハンデスをプレイするタイミングが難しい環境になっています。

また《超次元ガード・ホール》や《悪魔神王バルカディアス》といった新弾で採録したカード達は、効果こそ強力ですが、マナが伸びにくいデッキタイプのため採用されなかったり、採用された場合でも枚数を抑えていることが多いです。

プレイングが難しいため握り手こそ選びますが、完璧に扱える人が握った場合には現環境においても一際強力なデッキタイプの一つだと思います。

 

Tier1の【闇火MRCロマノフ】と同じく墓地を利用する【闇自然Bロマノフ】についても現環境で充分に戦えるデッキパワーがありますね。

こちらも【光火速攻】や【光水火超次元】といったデッキタイプと同様に以前の環境から環境の絶えず上位に顔を出しているデッキタイプです。

動かし方は相も変わらず《ダーク・ライフ》、《ボーンおどり・チャージャー》、《無頼魔獣ギガヴォル》といったマナブースト兼墓地肥やしを駆使して準備を整え、《大邪眼B・ロマノフ》や《超神星DEATH・ドラゲリオン》といった進化クリーチャーを投げつけていきます。

天敵である《冒険の覚醒者ジョンジョ・ジョン》対策に《暗黒の悪魔神ヴァーズ・ロマノフ》の採用枚数を増やすとともに、受け札でもありつつ手出しでも強い腐毒の幻ハンゾウを採用することが増えました。
また【光闇自然超次元】などに《めトラップ》が搭載され始めたことによって、一度きりの墓地肥やしではなくターンごとに効果を発動できる《埋葬虫ベリアル・ワーム》の採用なども多くなっています。

いまでこそメタカードが機能しているためそこまで使用率こそ多くはありませんが、デッキパワーは高いデッキタイプのためどこかで警戒を怠るとすぐにでも使用率が増加するデッキタイプだと思います。

 

Tier2最後に解説するのは【スノーフェアリー】です。

ダイヤモンド・ブリザード》がND環境で使えなくなってから環境から見ることが無くなっていたデッキタイプですが、第15弾に採録された《ダイヤモンド・カスケード》の登場でまた陽の目を見ることとなりました。

特徴としてはそのリソースの確保のしやすさを活かしたコントロール対面の優位さです。
ビートダウン相手も《霊騎コルテオ》や《アクア・サーファー》といった優秀なS・トリガークリーチャーを採用可能ですし、何と言っても天真妖精オチャッピィ》の登場により不用意に盾を殴ってきた相手には返しの殴り返しやリーサルが容易になりました。

組み合わせる文明も多彩で、ほぼ自然単色でS・トリガー枠として《霊騎コルテオ》や《ホーリー・スパーク》を採用した光自然型、進化を複数枚採用するため相性の良い《爆進エナジー・スパイラル》やS・トリガー枠として《アクア・サーファー》を採用できる水自然型、墓地肥やしとして《ボーンおどり・チャージャー》や《プライマル・スクリーム》を採用して一気にリソースを稼ぐ闇自然型など様々な型がありますが最近は光自然型と光水型のハイブリッドの光水自然型が流行していますね。
また最近ではデッキの核となる《ダイヤモンド・クラック》や《ダイヤモンド・カスケード》にアクセスできる《進化設計図》や《未来設計図》などを採用する場合が増えたように感じますね。

直近のGENJIカップこそ研究が遅れたにつき結果は残していませんが、研究が進み公認大会などで徐々に結果を出してきたため今後の活躍に期待が持てるデッキタイプになっていると思います。

  

Tier3解説

現環境でTier3に該当するデッキタイプは7つです。
ただTier3については比較的環境で見かけやすいものをピックアップしているため、今回紹介するもの以外でも環境で通用するデッキタイプはあると思います。

まず始めにに解説するのが【光火自然超次元】です。

光水火超次元】からS・トリガーによる防御力を減らした代わりにマナブーストの採用していることによる速度をプラスしたようなデッキタイプです。

光水火超次元】同様に《時空凶兵ブラック・ガンヴィート》が増えたことにより使用率が下火となっています。
2コストブーストからの4コスト超次元呪文の動きを目指すことで爆発力こそ【光水火超次元】より上ですがその安定感の無さから、現環境では【光水火超次元】の後塵を拝している印象があります。

ただ【光水火超次元】では速度が足りなくなった時や、これから環境にあった構築が発見される可能性は十分にあると思います。

 

次に解説するのが【光水自然ジャイアント】です。

このデッキタイプはいつの時代も環境の片隅にずっといますね。

このデッキタイプは《剛撃戦攻ドルゲーザ》による大量ドローによるコントロール殺しのみでは無く、ビートダウン相手には《大神秘アスラ》でS・トリガーを盾に埋めることによって粘り強く戦うこともできます。
第15弾環境での変更点として《剛撃電磁サイバゴン》がNDから落ちたことにより《剛撃妖精ユキハナ》を4枚採用する型が増えました。

ただデッキの核である《西南の超人》が次のパック発売と共にNDから落ちてしまうため、第15弾環境以降は見られなくなる可能性が高いです。
AD環境ではフルスペックで使用可能ですが、ND環境のほうが環境が遅くデッキとしての通りがいいため、今の主戦場はNDとなっています。

 

前環境で使用率トップだった【バルガライゾウ】についても解説していきます。

新環境に移ったことにより使用率も普通のデッキタイプ程度に落ち着きました。

緑神龍ミルドガルムス》がNDから落ちたことにより《超天星バルガライゾウ》へとつながるルートの一つが減ってしまったのは気がかりですが、コントロール殺しとして既存のデッキ構築でも十分に戦えることができますし、新カードの《ホーガン・ブラスター》を採用しガチャ要素に振ったデッキ構築も見かけるため、今後もよく見かけることになるデッキタイプになると思います。

賛否のあるデッキタイプではありますが、環境を見極めて使用すればとても強力なデッキタイプだと思います。

 
光闇自然超次元】とは違い呪文型ではない【光闇自然グレイトフルライフ】も環境に一定数存在します。

このデッキタイプは元々、【光水自然グレイトフルライフ】が流行する前に【光闇自然超次元】に勝てるデッキタイプとして開発されました。

光水自然グレイトフルライフ】と同様に《秋麗妖精リップル》で《大神砕グレイトフル・ライフ》と悪魔神王バルカディアスをサーチできるため安定感があり、【光闇自然超次元】相手にはこちらの展開中に相手の悪魔神王バルカディアスを立てられてもこちらの再展開にあまり問題が無く、《大神砕グレイトフル・ライフ》の展開後に悪魔神王バルカディアスを出された場合も《時空不滅ギャラクシー》を出しておけばマナが増えつつ《撃滅覚醒者キング・オブ・ギャラクシー》が場に残るため、《大神砕グレイトフル・ライフ》の再展開や《撃滅覚醒者キング・オブ・ギャラクシー》に悪魔神王バルカディアスを重ねることで悪魔神王バルカディアスの出し合いに勝つことができます。

ただ【光水自然グレイトフルライフ】がこのデッキタイプよりビートダウン系相手にも戦えて、【光闇自然超次元】相手にも戦えるためこのデッキタイプよりも現環境では主流になっています。
それでも【光水自然グレイトフルライフ】と対面した時は悪魔神王バルカディアスがある分こちらが有利なので環境次第ではまた陽の目を見ることがくるかもしれないです。

 

光闇火オールイエス

このデッキタイプは第15弾登場した《至宝 オール・イエス》を中心に、環境へのメタカードを採用し、手札や相手の場を破壊しながらビートダウンしていくデッキです。
基本的に《至宝 オール・イエス》が持つ文明である光闇と相性がいいカードが多い火文明で光闇火の3色で構成されることが多いです。

軽量クリーチャーはアンタップキラーとして《至宝 オール・イエス》ととても相性がいい《砕神兵ガッツンダー》や《至宝 オール・イエス》をサーチできる《ボルット・紫郎・バルット》、そしてマナブーストを主軸としたコントロール系や【スノーフェアリー】への強烈なメタカードとなる《穿神兵ジェットドリル》などの火文明が主に採用されます。

そしてタップキルしつつ《時空精圧ドラヴィタ》や《時空不滅ギャラクシー》を出せる《超次元シャイニー・ホール》や、《時空凶兵ブラック・ガンヴィート》による2面除去や《時空封殺ディアス Z》を出せる《超次元ミカド・ホール》といった強力な超次元呪文でサポートしていきます。

コントロール系には不利がつくためTier3の位置にいますが、ビードダウン系全般に有利なので環境を読んで扱うことができればとても強力なデッキタイプとなります。

 

過去に環境の中心だった【水火剣誠】もここにきて環境に舞い戻ってきました。

このデッキタイプについては直近のCTHAで見る機会も多々あったためご存じの方も多いと思います。

モノノフ・ルピア》のナーフによって一時期姿を消していましたが、【光闇自然超次元】や【光水自然グレイトフルライフ】に有利なことが判明しここ最近でシェアを伸ばしています。
助太刀 メモリー・アクセラー》でリソースを途切れさせずに攻めることができ、《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》の焼却範囲に《龍聖大河L・デストラーデ》がいるため《龍聖大河L・デストラーデ》にビートダウン対策を任せているデッキタイプは一方的に蹂躙できます。

ただS・トリガーを多く積めないデッキの性質上、ビードダウン系全般に不利なため使用する場合は環境を見極める必要があります。

 

おわりに

いかがだったでしょうか?

ND環境はAD環境と比較すると単純に環境で活躍しているデッキタイプが多いため、環境を読むことは難しく、その分だけ対面後とのプレイングが求められることが多い環境になっていると思います。

今月は夏休み期間中のこともあり普段よりレートの上り幅が大きいですがみなさん頑張りましょう!!

らめど

らめど

サイトの副管理人兼まめさんの奴隷です。 ちなみにサムネはデリバード。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

#BEANS

#BEANS

デュエプレ環境調査グループ(#BEANS)です。 今日もデュエプレ攻略がんばるぞー!

ランクマッチ ランキングボーダー

アーカイブ

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
TOP