【NDAD】闇火MRCロマノフデッキリスト(8/21)【第15弾環境】 

ADデッキ解説

1.はじめに

 こんにちは、新人M@ロイ軍団です。

今回は第15弾環境において、ND、ADともに環境トップの立ち位置にいる《煉獄邪神M・R・C(マッドロックチェスター)》(以下MRC)を主軸とした【闇MRCロマノフ】の解説をさせていただきたいと思います。

《お清めトラップ》が採用されていない動き出しの遅いデッキは一方的に有利をとれるといえるほどのデッキパワーを誇ります。
動きのイメージとしては、盤面除去やリソース確保を行える【バルガライゾウ】のようだと考えるとその強力さが理解できると思います。

今回はNDで主に使われている超次元呪文を用いた型、ADで主に使われている《魔弾ベター・トゥモロー》を用いた型二種類について解説していきたいと思います。

目次

1.はじめに

2.デッキリスト

3.特徴

4.動かし方

5.その他採用候補カード

6.おわりに

 

2.デッキリスト

ND

必要DMポイント:23,300

レアリティ枚数合計
ベーシック00
10500
UC4400
164800
VR43200
SR614400

デッキコードはこちらから

AD

必要DMポイント:20,700

レアリティ枚数合計
ベーシック00
10500
UC6600
123600
VR86400
SR49600

デッキコードはこちらから

 

3.特徴

【闇MRCロマノフ】にはMRCから撃つ呪文にこそバリエーションが豊富で、基本的にはMRCのアタックトリガーで呪文を3連発してアドバンテージを稼ぎながら殴っていきます。リソースが尽きたとしても墓地さえたまっていればターンドローでMRC本体のみならず《魔光蟲ヴィルジニア卿》《インフェルノ・サイン》、《煉獄と魔弾の印》を引くことでもMRCを走らせることができるのでトップ解決能力は相当なものです。

お清めトラップ》が採用されているデッキには不利がつくように思われるかもしれませんが、《邪眼銃士ディミトリ卿》《埋葬蟲ベリアルワーム》による継続的な墓地肥やしを利用すればゲーム中に一回お清めトラップ》を打たれたところですぐ立て直せる点も魅力の一つです。
中途半端に墓地メタを採用されたとしても問題なく貫通できるデッキパワーがあります。

ただ《超次元ドラヴィタ・ホール》を用いて一度使われたお清めトラップ》を使いまわされたり、早期に着地した《時空の封殺ディアスZ》によって墓地を返霊されながら盾を詰められると対処が困難であることも多いです。
そのため、【光闇自然超次元】には不利がついているといえるでしょう。

 

4.動かし方

相手からの妨害がなければ上振れで5ターン目、平均6ターン目でのMRCの着地を目指してそこまでの間に墓地を肥やしていくのがメインの動きになります。特に優先していきたいのが《邪眼銃士ディミトリ卿》《埋葬蟲ベリアルワーム》などの継続的に墓地を肥やせるクリーチャーです。
相手の墓地メタに対して強く、早期に設置できれば3コストとしては破格の量の墓地を肥やしてくれます。相手が速いビートダウンで《邪眼獣ヤミノオーダー》のトリガー条件を確実に発動させたい場合には《邪眼銃士ディミトリ卿》を、そうでない場合には《埋葬蟲ベリアルワーム》を3ターン目にキャストするのがベストムーブです。

墓地にクリーチャーが3体+MRC本体の四枚と打ちたい呪文がある程度たまってきたら《魔光蟲ヴィルジニア卿》を用いてMRCを走らせましょう。たとえMRCを出したターンにダイレクトアタックできないとしても、超次元呪文や蘇生呪文でクリーチャーを展開したり、除去呪文を打って相手のクリーチャーを除去したりしてボードアドバンテージを広げていければ着実に勝利に近づくでしょう。

 ADでは【光闇水ヘブンズ・ゲート】や【光自然スノーフェアリー】など、《ギガボルバ》さえ出してしまえばほとんどすべてのトリガーをケアしてダイレクトアタックまで持っていけるデッキが多いので、《魔弾ベター・トゥモロー》《煉獄と魔弾の印》の採用率が高いです。

5.その他採用候補カード

①《超次元ミカド・ホール》等の超次元呪文

MRCから撃つことのできる超次元呪文です。
特に《超次元ミカドホール》はMRCで除去呪文と合わせて撃つことで《時空の封殺ディアスZ》の覚醒も狙いやすいため相性が良いです。
ただ、バトルゾーンが埋まりやすいデッキでもあるので採用枚数は考えどころです。

 

②《黒神龍ハルヴェルド

5,6枚目の《プライマル・スクリーム》としての採用です。
主にお清めトラップ》を連打してくる【光闇自然超次元】に抗いやすくなります。

 

《ソウル・アドバンテージ》

MRCから撃つ呪文の中でもっとも強力なハンデス呪文です。
コントロール相手には最大威力のハンデスを叩き込めることがほとんどです。
ただ、ブレイクしたシールドは与えてしまうので過信はできません。
クリーチャーにアタックできる状況で使用できるとゲームを決めるレベルのアドバンテージが得られるでしょう。

 

《キリモミ・スラッシュ》

自軍全体にスピードアタッカーを与える呪文です。
MRCを踏み倒すために出した《魔光蟲ヴィルジニア卿》、超次元呪文や《インフェルノ・サイン》から出したクリーチャーをアタックできるようにさせることによって打点を一気に形成できます。

 

《吸魂バキューム》

相手の《時空の不滅ギャラクシー》や《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》を一発で除去できる呪文です。
デッドリー・ラブ》《デーモン・ハンド》と合わせて採用することによって、MRC一回のアタックトリガーで複数回除去を打てるようになる点も見逃せません。

 

⑥《炸裂の影デス・サークル》

相手の《悪魔神王バルカディアス》を除去できる5枚目以降のカードとしての採用です。自壊効果もMRCの進化元の供給になるためかみ合いが良いです。

 

6.おわりに

いかがでしたでしょうか?

カード一枚から爆発的に展開する爆発力と、呪文の種類によって多様なカスタマイズができるところがとても魅力的なデッキです。SRの枚数も比較的少なく組めるので、興味を持たれた場合はぜひ作ってみてください。

らめど

らめど

サイトの副管理人兼まめさんの奴隷です。 ちなみにサムネはデリバード。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

#BEANS

#BEANS

デュエプレ環境調査グループ(#BEANS)です。 今日もデュエプレ攻略がんばるぞー!

ランクマッチ ランキングボーダー

アーカイブ

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
TOP