クイック・ピック オススメカード(超次元呪文編)

クイック・ピック解説

 ここでは、クイック・ピックでオススメの超次元呪文を詳しく紹介します!
 各カード毎に、上から順にS,A,B,C,Dの五段階で評価をつけています!この評価はレアリティ別で付けています。例えば、SRのカードであれば、「他の文明セットも含むカードプール全体でのSRのカード」と比較したときの強さを指標としています。
 ただし、ここでの評価はどの文明セットで使うのかを考慮していません。そのため、編成する文明セットによって、実際の評価が多少上下することがあります(例:超次元エナジー・ホールは、《時空の尖塔ルナ・アレグル》の覚醒条件に呪文が6枚必要なので、呪文を多く編成しやすい光水闇(白青黒)の文明セットでの方が、評価が少し高くなります)。
 超次元呪文は単体のカードパワーが特に高い分、その編成と使い方、相手への対策などの知識は、勝敗に大きく影響します。デッキ作成や対戦の際に参考にしてみてください!
(最終更新日 2022年5月11日 この時点のカードプールでの評価です)

目次

1.SR

2.UC

3.おわりに

1.SR

超次元ボルシャック・ホール》+《時空の火焔ボルシャック・ドラゴン(勝利の覚醒者ボルシャック・メビウス)評価:S
 単純に除去としても機能する超次元呪文で、呼び出せる《時空の火焔ボルシャック・ドラゴン》はバトルでの勝利が覚醒条件であるため、場にいるだけでパワーの低い相手クリーチャーへの牽制になります。
 光文明のタップ能力や、同じ火文明の呪文《チェーン・デスマッチ》などと相性が良く、覚醒につなげることができます。
 覚醒後は、圧倒的な打点&盤面処理能力で一気に勝利を引き寄せるので、いかにして覚醒させるかがポイントとなるでしょう。

超次元リバイヴホール》+《時空の賢者ランブル(恐気の覚醒者ランブル・レクター)評価:S
 《超次元リバイヴホール》は、墓地からクリーチャーを回収できるので、盤面と手札の実質2枚分のアドバンテージを稼げるカードです。例えば、前もって自壊効果持ちクリーチャーで相手のクリーチャーを処理してあると、墓地から除去札を回収できるので、特にLO(山札切れ)を狙う場合は優先して編成したい一枚です。
 呼び出せる《時空の賢者ランブル》は、覚醒前もスレイヤー持ちであるため、タップキルを受けても相手クリーチャーを道連れにできることが優秀です。
 覚醒も比較的容易で、覚醒後は光文明のタップ能力などと合わせて、何度も除去を行えます。バトルのかわりに破壊する効果を持つため、相手の覚醒後のSRサイキック・クリーチャーや、《不滅のパーフェクト・ギャラクシー》などの除去耐性を持つカードも、その効果を無視して一撃で除去できます(詳しい説明は割愛しますが、「置換効果は連鎖しない」という裁定によります)。

超次元シャイニー・ホール》+《時空の雷龍チャクラ(雷電の覚醒者グレート・チャクラ)評価:S
 相手クリーチャーのタップキルや、ブロッカーを避けてのリーサルにもつながる器用な超次元呪文です。
 呼び出せる時空の雷龍チャクラ》は覚醒前はアタックできないものの、覚醒後は自分の他のブロッカーをアタックできるようにするため、一気に自分の打点を増やして攻勢に転じることができます。
 ただし、相手のデッキに火文明が入っている場合は、ブロッカー破壊のカードで簡単に除去されてしまうことがあるため、注意が必要です。
 また、覚醒の条件が自分と相手のシールドの枚数に依存するため、相手が積極的にビートを仕掛けてきている場面では覚醒が難しく、戦況の好転にはつながりにくいです(そんなときは、他サイキック・クリーチャーを召喚するなどの工夫も必要です)。
 そのため、光水火(白青赤)や光火自然(白赤緑)のように、相手よりも先にビートを仕掛けていくような文明セットのほうが、活躍しやすいでしょう。

超次元フェアリー・ホール》+《時空の豪腕ジャパン(乱打の覚醒ジャパニカ)評価:A
 唱えるとマナ加速ができるホール呪文で、次のターンに《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》や《剛撃戦攻ドルゲーザ》、《二角の超人》などの強力な後続につなげられます
 呼び出せる《時空の豪腕ジャパン》の高いパワーも魅力です。
 条件は厳しいですが、覚醒すればコスト7以上のクリーチャーを踏み倒せるので、余裕があればデッキに編成しておくとよいでしょう。

超次元エナジー・ホール》+《時空の尖塔ルナ・アレグル(要塞の覚醒者ルナ・アレグリア)評価:B
 呼び出せる《時空の尖塔ルナ・アレグル》は覚醒条件が厳しく、毎ターン山札を1枚ずつ減らしてしまうため、LOで敗北してしまうリスクを負います。
 もちろん覚醒できれば非常に強力ですが、覚醒前に除去されてしまうと山札を減らしただけとなってしまうため、扱いの難しいクリーチャーです。
 そのため、《超次元エナジー・ホール》から呼び出すのは、UCのサイキック・クリーチャーの方が良い場合も多いです。

2.UC

超次元カトラス・ホール》+《時空の剣士アクア・カトラス(閃光の覚醒者アクア・エクスカリバー)評価:A
 ドローしながらビートができる、理想のビート要員。
 序盤から先手を取り、相手にビートを仕掛けるデッキでは特に重宝されるでしょう。
 ただし、アタックするたび自分の山札を削るので、終盤での使用には注意が必要です。

超次元エイプリル・ホール》+《時空の銃姫エイプリル(鎮魂の覚醒者デス・エイプリル)評価:A
 ハンデスしながらのビートはもちろん強力。覚醒すれば、ハンデスしながら相手のクリーチャーへの殴り返しができるため、相手の場に睨みを利かせ、守りに入っても強力です。
 ただし、《蒼狼提督・M・ジェスティ》、《翔竜提督ザークピッチ》などのマッドネスクリーチャーには注意が必要です(特に火、水文明対面)。

超次元カイマン・ホール》+《時空の花カイマン(華獣の覚醒者アリゲーター)評価:A
 マナを増やしながらビートすることで、高コストのカードを早期にプレイできたり、本来マナに置くカードをキープして手札を節約できたりできます。
 ただし、山札が残り少なくなる終盤では、山札を削ってまでマナのカードを増やすメリットが小さいため、注意が必要です。

超次元ディアナ・ホール》+《時空の勇躍ディアナ(閃光の覚醒者エル・ディアナ)評価:A
 覚醒すれば、アタック時に毎回タップ効果が発動するので、相手クリーチャーをタップキルする盤面処理要員として真価を発揮します。
 また、相手のブロッカーをタップしてかわしながら攻めることもできるので、攻守ともに幅広く活躍できるカードです。

超次元オーフレイム・ホール》+《時空の魔陣オーフレイム(破壊陣の覚醒者オーフレイヤー)評価:B
 他のUCのサイキック・クリーチャーに比べて地味な能力で、少し活かしづらいです。
 ただしカード単体で見れば、4コストでパワー5000のクリーチャー、しかも覚醒すればパワー8000のWブレイカーというだけで強力なので、十分編成する価値はあります。

3.おわりに

 いかがだったでしょうか?
 ここで紹介したカード評価は、あくまで総合的に見てのものであり、実際の評価は自分や相手のデッキの特性(ビート向きか、コントロール向きかなど)、相性のいいカードの有無、プレイングなどによって変化します。
 皆さんのカード評価とその理由、活躍したカードとその場面など、コメントして頂けるとこちらも参考になります。

 この攻略記事が、各カードの特性の理解、時と場合に応じたデッキ編成・プレイングの一助となれば幸いです。
 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ヨクト

ヨクト

クイック・ピックの攻略記事をメインに執筆しています。ヨクトです。 実はBEANSの名付け親だったりします。 サイトを通じて、クイック・ピックの魅力を発信し、皆さんと一緒に楽しく記事を作り上げていきたいと思っています! ご意見、ご感想など、気軽に記事にコメント頂けると嬉しいです!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

#BEANS

#BEANS

デュエプレ環境調査グループ(#BEANS)です。 今日もデュエプレ攻略がんばるぞー!

ランクマッチ ランキングボーダー

アーカイブ

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
TOP