【ND】【AD】レジェンド到達!!5色(5C)フュージョン【第13弾環境】 

ADデッキ解説

1.はじめに

こんにちは、ナニガシソレガシと申します。本日は第13弾ND環境における【5色フュージョン】についてデッキ解説をしていきたいと思います。

チャクラカップ初日でマどスター到達、2日目にレジェンドにもなったデッキなので是非参考にしてくださると嬉しいです。では始めます。

目次

1.はじめに

2.デッキリスト

3.特徴

4.動かし方

5.採用カード解説

6.採用カード候補

7.対面毎解説

8.弱点・対策方法

9.おわりに

2.デッキリスト

Tier:3(5/8時点)

必要DMポイント:30000

レアリティ枚数合計
ベーシック40
00
UC9900
175100
VR00
SR1024000

デッキコードはこちらから

3.特徴

序盤〜中盤はマナ加速に徹し、できれば7〜8ターン目には《バイオレンス・フュージョン》を打ち、ゴッドによって勝利することを目指すのが理想のデッキです。

フェアリー・ミラクル》を基軸としたマナブーストと、いかにして相手の動きを阻止するかが鍵となります。特に現環境で猛威を振う【エンペラー・キリコ】、【バルガライゾウ】や【闇自然速攻】等のデッキに対しては、互いに理想的な自分の動きを通した時にどうしても《バイオレンス・フュージョン》を撃つターンが相手の切り札に対して遅れてしまうので、それらに対して相手の下振れを狙うだけではなく、何かしかの対抗札を持っておきましょう。

4.動かし方

理想的な動きは、【5色コントロール】と同じく《フェアリー・ライフ》→《フェアリー・ミラクル》→《機械提督デリンダー》の流れです。《機械提督デリンダー》は相手の手札+1枚に自分の手札がなるようにドローするカードであり、ライフミラクルデリンダーの動きが仮にできなかったとしても、山札の上から《機械提督デリンダー》を引くことを見越して手札を減らしておくこともプレイ指針としては大事なことになることがあります。安定性のある動きが大事な時と、多少無理を通さなければ勝てない時の二つのシーンがあることを覚えておくといいです。

話は変わりますが、今回のリストには《銀界の守護者 ル・ギラ・レシール》が採用されています。

BA決勝トーナメントで多くの人が目にしたであろうこのカードですが、相手の進化クリーチャーはタップしてバトルゾーンに出る、という効果を持っています。収録はスタン落ち寸前の第8弾EXパック『覇竜咆哮』であり、環境に顔を出したことも(おそらく)なかったこのカードが今になって採用されたのは、現環境を大きく定義するデッキ群である4つのデッキ、【闇自然Bロマノフ】【バルガライゾウ】【エンペラー・キリコ】【闇自然速攻】のうち【エンペラー・キリコ】以外の3つのデッキは進化獣と進化獣によるアタックトリガーを多用するデッキであることに起因します。

ちなみにこれらのデッキの対面を考える上で考えられるもう一枚の有効札は《聖鎧亜キング・アルカディアス》です。

上記の4つのデッキ対策を考えると、その殆どが単色カードによって戦うデッキであり、一見《聖鎧亜キング・アルカディアス》の方が刺さりがよく、詰みの状況に持っていく力が高いように見えます。実際以前まではそうであったと筆者も思っています。

しかし、ボルシャックメビウスカップ後半に【闇自然Bロマノフ】というデッキには変化が起こりました。《進化設計図》を採用することでリソース面でコントロールを圧倒するようになり、《死神術師デスマーチ》を採用することでビートプランだけでなく対ビート力をも更に高めました。《死神術師デスマーチ》は僅か1コストのカードであり、《死神術師デスマーチ》を犠牲にすることで《超神星DEATH・ドラゲリオン》を《聖鎧亜キング・アルカディアス》存在下でも容易に叩きつけることができるようになったのです。

また【バルガライゾウ】は5、6ターン目には《超天星バルガライゾウ》を出すデッキであり、速度的に《聖鎧亜キング・アルカディアス》が間に合わないケースが頻発すること、【闇自然速攻】に対しては《聖鎧亜キング・アルカディアス》自身がそもそも出すことが現実的でなく(キングを出すことが最善手なら大抵の場合出さなくても勝っている)多色カードであり手札事故の要因となることなどから、現在に限っては《聖鎧亜キング・アルカディアス》よりも《銀界の守護者 ル・ギラ・レシール》の方がより広く環境に適しているという結論になりました。ただし【エンペラー・キリコ】に限っては《聖鎧亜キング・アルカディアス》の方が有効であることと、《銀界の守護者 ル・ギラ・レシール》はそれ単体で対策を完結させるカードではないため、入れ替え候補筆頭には《聖鎧亜キング・アルカディアス》がいることを覚えておきましょう。

各対面の勝ち筋、プレイ等に関しては後述します

5.採用カード解説

《フェアリー・ライフ》《フェアリー・ミラクル》《お清めトラップ》

お清めトラップ》に関しては、【闇自然Bロマノフ】対面で相手の最速《大邪眼B・ロマノフ》の4ターン目着地を阻害するために撃てたら強い、というだけのカードなので基本的には入れ替え可能なカードです。ただし、初動がデッキに9枚以上だと先行2ターン目に一枚以上初動が手札にくる確率が80%を超え、試行回数を稼ぐ必要のあるランクマッチにおいて筆者的にそこは守りたいラインなので、今回は9枚目の初動としてご都合的に働く場面が最も多そうなカードとして《お清めトラップ》を採用しました。

②《機械提督デリンダー

5色フュージョン】を使う上で欠かせないカード。デッキのメインドローソースです。

また、ドローソースとしてだけではなくブロッカー、2コストパワー3000という高めのスタッツを活かして【闇自然速攻】相手に対しては積極的に出すことで相手の攻撃を止めてくれます。【エンペラー・キリコ】や【5色フュージョン】対面でも非常に強いカードなので初手でマナに置くことは99%ありえないことを覚えておいてください(2ターン目以降はマナに置く判断をすることもある)。

③《聖鎧亜ジャック・アルカディアス

汎用カード。どんな対面でも殴れるブロッカー火力除去持ちシールドトリガーは腐りません。

④《銀界の守護者 ル・ギラ・レシール

前述した通り、環境に対する銀の弾丸です。銀界の守護者なので。単体では相手を詰ませる力はないのであくまで時間を稼ぐカードであることを理解しておきましょう。

《魅了と策略の花籠》《地獄スクラッパー》

魅了と策略の花籠》は文明が優秀なシールドトリガー確定除去カード。《地獄スクラッパー》は言うまでもなく【闇自然速攻】に対する最強のシールドトリガーになり得ます。たまに《蒼狼の始祖アマテラス》に撃ったり、【エンペラー・キリコ】や【ナイト】の小型を纏めて破壊したり意外と腐らないカードです。

⑥《爆進イントゥ・ザ・ワイルド

クリスタル・フュージョン》との選択枠です。基本的には《クリスタル・フュージョン》優先ですが今回は《爆進イントゥ・ザ・ワイルド》の方を採用しているのは、このカードがマナブーストのみならず除去としても使えるからです。《銀界の守護者 ル・ギラ・レシール》は確かにアタックトリガーで効果を発揮する《大邪眼B・ロマノフ》《超神星DEATH・ドラゲリオン》《超天星バルガライゾウ》に対してタップを強制しますが、結局はその次の自分のターンでこれらのカードに対処できなければ負けます。事実上の除去カードを量増ししつつ、大型のマナブーストとして最低限の役割を果たせるカードとして今回は《爆進イントゥ・ザ・ワイルド》に焦点を当てました。《フェアリー・ミラクル》から繋がるので使いやすさもやや上です。

クリスタル・フュージョン》は確かに強力ですが、撃つタイミングを選ぶカードであり、現状同型ミラーくらいでしか有効に働く場面は少ないと思いました。

《破壊龍神》《超絶究極神》《竜極神》《至高無上神》

バイオレンス・フュージョン》から出す予定のゴッド達であり、現環境では《バイオレンス・フュージョン》からでなく手出しによって相手を追い詰めるためのカード達です。

銀界の守護者 ル・ギラ・レシール》の横にゴッドを置いて相手の進化クリーチャーを牽制することが勝ち筋になることが多々あります。初手マナ置きは慎重に検討して下さい。特に《超絶究極神》は3色カードでマナ基盤としてとても強いですが、現環境で最も強いゴッドもこのカードです。

至高無上神》は採用する人としない人が分かれるカードだと思います。色も強く、マナからゴッドを回収可能な効果も悪くないので筆者的には採用したいカードですが、他3種に比べると見劣りする感は否めませんのでお好みで変えて下さい。

強い場面としては、《至高無上神》の効果を知らない【闇自然速攻】使いの盤面と手札を崩壊させたり、《破壊龍神》のワールドブレイクの後の詰めに最適です。結局は《バイオレンス・フュージョン》から出てくるゴッドの数が3か4かには天地ほどの差があります。

⑧《バイオレンス・フュージョン

暴力がカードの形をしています。

マナに置き過ぎは当然注意ですが、対面次第では勝つために必ずしも打つ必要があるカードでもないことを留意しておいてください。

6.採用カード候補

《コメット・チャージャー》《ガーデニング・ドライブ》

お清めトラップ》と同じく採用候補になる9枚目以降のブーストカードです。《お清めトラップ》が【闇自然Bロマノフ】に対するメタカードであるなら、《コメット・チャージャー》の主なメタ対象は《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》を擁する【ナイト】や、強力な超次元クリーチャーである《時空の雷龍チャクラ》です。【闇自然速攻】の《死神術師デスマーチ》も対象に含まれています。

基本的に中速以上の速度で戦うデッキには《コメット・チャージャー》の破壊対象が一枚以上は含まれている場合がほとんどなので対面を選ばないカードとしてならばこちらの方が優秀です。今回は環境最大母数の【闇自然Bロマノフ】への効果、2ターン目に打つ《フェアリー・ライフ》からマナに色を落とすことの重要性を考え《お清めトラップ》を選びました。

ガーデニング・ドライブ》は終盤の《バイオレンス・フュージョン》をマナから手札に回収できる可能性がありますが、それ以外の場面で強い場面が《お清めトラップ》よりさらに限定的なのであまりおすすめはしません。

《スペース・クロウラー》《剛撃電磁サイバゴン》《超次元エナジー・ホール》

機械提督デリンダー》に次ぐ5枚目以降のドローソースです。カードパワーで言えば《超次元エナジー・ホール》からの《時空の尖塔ルナ・アレグル》が頭ひとつ抜けていますが、自由度に関していえば《スペース・クロウラー》と《剛撃電磁サイバゴン》に分があります。《スペース・クロウラー》はブロッカーを持つためビート対面に強く、《剛撃電磁サイバゴン》は《聖鎧亜キング・アルカディアス》の進化元になったり、《機械提督デリンダー》を直接サーチできます。

ただ今回は5枚目以降をそれほど重要視しなかったため不採用。【光水闇(ドロマー)ナイト】のようなハンデス主体のデッキが増えると採用すると思います。

《デーモン・ハンド》《ナチュラル・トラップ》《アクア・サーファー》《ヘヴンとバイオレンスの扉》等のシールド・トリガー

これは基本的にいつでも採用範囲です。入れ替えによって色バランスが崩れた時にそれを補ったり、《神羅ライジング・NEX》のような破壊を躊躇うカードが環境上位にいる時にメタ的に採用してください。現在は【バルガライゾウ】【エンペラー・キリコ】がそれぞれ流行の一角におり、シールドトリガーの相対的な価値が下がっているため必要最低限、かつ【闇自然速攻】に対する最効率のシールドトリガーの採用にとどめています。

④《聖鎧亜キング・アルカディアス

前述の通り、強力な詰めの力を持ったメタカードです。環境次第で採用。

⑤《クリスタル・フュージョン

爆進イントゥ・ザ・ワイルド》との選択。ミラーや対コントロールを考えるならこちらの方が確実に強いです。

ただ今回は《銀界の守護者 ル・ギラ・レシール》との噛み合いや、マナブーストがやや過剰である感が否めない点、そもそもミラーやコントロール以外のデッキの方が環境に多く撃つタイミングが殆ど無かったことなどから採用を見送りました。

《腐敗聖者ベガ》《腐敗無頼トリプルマウス》

ハンデスを採用した方が強い環境も存在します。そういう時には《腐敗聖者ベガ》《腐敗無頼トリプルマウス》のどちらかを採用しましょう。

シールドトリガーが強い環境ならば《腐敗聖者ベガ》、シールドトリガーが弱い環境ならば《腐敗無頼トリプルマウス》が適しています。どちらとも《聖鎧亜キング・アルカディアス》の進化元になるので併用する時はおススメです。

今回は《聖鎧亜キング・アルカディアス》も採用しておらず、また一枚ハンデスではどうにもならないことが多いと考え採用は見送りました。

7.対面毎解説

①【闇自然Bロマノフ】 五分

《バイオレンス・フュージョン》を必ずしも打つ必要はない対面です。ブーストのために自然文明がマナに必要なら初手で置いていいです。

主な勝ち筋は《銀界の守護者 ル・ギラ・レシール》と《超絶究極神》または《破壊龍神》または《竜極神》を並べることです。出てきた《大邪眼B・ロマノフ》や《超神星DEATH・ドラゲリオン》を片っ端から殴り返して時間を稼ぎ、最終的に《破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル》を完成させましょう。

この対面だと《機械提督デリンダー》は先行4ターン目に出せない限り優先順位は高くないです。《破壊龍神》+《機械提督デリンダー》+自然単色カードでマナに5文明が揃う時は置いてもいいです。それよりも上記の勝ち筋の盤面を作ることを優先して下さい。よって《銀界の守護者 ル・ギラ・レシール》は3ターン目の《フェアリー・ミラクル》を確実に打つためにはマナに置くことが許容されますが、それ以外ではマナに置かないで下さい。2枚目以降も《腐敗妖精ダチェラ》ケアでキープ推奨です。

相手の動きがスムーズで《大邪眼B・ロマノフ》が先に着地してしまいそうな時はシールドトリガー込みの戦いが必要になります。マナブーストカードは使い切り、《銀界の守護者ル・ギラ・レシール》がなくとも《機械提督デリンダー》や《聖鎧亜ジャック・アルカディアス》を積極的に場に出し、《大邪眼B・ロマノフ》のシールドブレイクでシールドトリガーを発動させて時間を稼ぎ、《銀界の守護者ル・ギラ・レシール》の着地まで頑張りましょう。ハンデスは一体につき一回きりなので最速で着地されてハンデスされても、その返しで《銀界の守護者ル・ギラ・レシール》が出せれば意外となんとかなります。

ただし後半、《死神術師デスマーチ》の上に直接《神羅スカル・ムーン》を重ねられると少々厄介なのでゴッドを立てたからといって《魅了と策略の花籠》や《爆進イントゥ・ザ・ワイルド》を下手にマナに置くと負けるので注意してください。

②【バルガライゾウ】 微有利

《バイオレンス・フュージョン》を撃つ必要はありません。2枚目までマナに置いていいです。

勝ち筋は《銀界の守護者ル・ギラ・レシール》+《超絶究極神》の盤面です。これさえ作った後は適当に盤面を捌きながら《破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル》の完成をじっくり待ちましょう。相手の回りによっては盤面を減らすために殴る必要があることもありますが、基本的には待ちでいいと思います。【闇自然Bロマノフ】対面ほど複雑な相手でないので勝率も上げやすいです。

銀界の守護者ル・ギラ・レシール》の1枚目は例えそれを置けば3ターン目に《フェアリー・ミラクル》が打てるとしても筆者は絶対に置かないようにしています。これには諸説ありますが、それくらい《銀界の守護者ル・ギラ・レシール》は大事です。

銀界の守護者ル・ギラ・レシール》を出せない時はゴッド、特に《超絶究極神》を立てることを優先、それも間に合わなそうな時は《機械提督デリンダー》《聖鎧亜ジャック・アルカディアス》などのブロッカーを立てた上で相手の捲りが弱いことをお祈りしましょう。《龍神メタル》で1ターン時間を稼げることがあることもあります。

一つ注意することは、《機械提督デリンダー》が《武装竜鬼アカギガルムス》に破壊された後、《魔龍バベルギヌス》によって《銀界の守護者ル・ギラ・レシール》が突破されることがあります。手札が十分整っていた上で、リスクを避けるなら《機械提督デリンダー》を出さないほうがいいこともあります。

③【エンペラー・キリコ】微不利

《バイオレンス・フュージョン》を必ずしも撃つ必要はありませんが、撃つことを意識した立ち回りが必要です。1枚目までならマナに埋めましょう。

勝ち筋は時間を稼いだ上の《破壊龍神》完成です。大事なのはブロッカー展開と他の行為を同時に行うことなので、《機械提督デリンダー》《聖鎧亜ジャック・アルカディアス》が非常に大事です。《青銅の鎧》や《無頼妖精ワイルド・リリィ》は《聖鎧亜ジャック・アルカディアス》で処理し、その範囲外の《蒼狼の始祖アマテラス》は《龍神ヘヴィ》の効果で処理しましょう。それでも今回のリストではハンデスカードがないため、5、6ターン目には相手の《エンペラー・キリコ》の着地を許してしまうことが殆どです。それが目に見えてわかる時は相手の《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》をブロッカーで受け止めた上で返しに処理して、その他のクリーチャーの攻撃はシールドトリガー込みで止めましょう。それを繰り返しながらゴッドをリンクできるマナ帯まで伸ばして、圧で勝利しましょう。

除去行為そのもので《エンペラー・キリコ》の着地を止めることは困難ですが、相手のリソースを削ぐという意味で除去は絶対に必要です。相手の捲り次第ではどうしようもないことはあることは否定できませんが、そういう時は割り切ることも大事です。

《爆進エナジー・スパイラル》《神歌の聖域》の枚数はしっかりチェックして、相手の《蒼狼の始祖アマテラス》のバリューを確認しましょう。時には相手の盾落ち前提で動いた方がいいこともあります。《お清めトラップ》を使う時は墓地の呪文が《蒼狼の始祖アマテラス》にリサイクルされることに十分気をつけてください。

④【闇自然速攻】 五分

《バイオレンス・フュージョン》は打ちません。手札にいても邪魔なのでさっさとマナに置いてください。

勝ち筋は《銀界の守護者ル・ギラ・レシール》と《超絶神ゼン》の盤面です。《銀界の守護者ル・ギラ・レシール》が無くてもある程度のブロッカーと《超絶神ゼン》があれば十分なこともあります。

2ターン目の《フェアリー・ライフ》は《機械提督デリンダー》よりも優先です。それ以降はマナブーストよりもブロッカーを優先して下さい。2ターン目のみ《フェアリー・ライフ》優先なのはトリガー《フェアリー・ライフ》込みで後攻3ターン目に《聖鎧亜ジャック・アルカディアス》を出せる可能性がわずかでもあるからです。

あんまり複雑なことはないので気持ち的には負けても勝っても楽な対面です。因みに《聖鎧亜ジャック・アルカディアス》と《地獄スクラッパー》はあわせて5枚以上だとシールドに一枚以上入っている確率が50%を超えるので削る時はそれを意識してもいいかもしれません。

⑤【ナイト】水光闇→不利 光火闇→微有利

《バイオレンス・フュージョン》を撃たねば勝てない対面です。

特に光水闇(ドロマーカラー)のハンデス主体の対面はかなり厳しい戦いを強いられます。初手に《機械提督デリンダー》がある場合は相手のハンデスをケアできる形で《機械提督デリンダー》を出すことを意識して、それでも手札が全てハンデスされるのは避けられないのでトップで引いたカードはマナに置き、《機械提督デリンダー》をトップで引くタイミングを天運に任せるしかありません。環境的にシールドトリガーの価値が下がり、それに伴って確定除去を行う呪文をかなり絞っているので《時空の尖塔ルナ・アレグル》を除去できないケースが頻発し、《要塞の覚醒者ルナ・アレグリア》への覚醒を許してしまいがちです。こうなると本当にハンデスが苛烈になるのでトップとシールドトリガーに全てを任せる他ありません。

光闇火(デイガカラー)はハンデスが精々《魔弾バレット・バイス》4枚しかなく、リソースも《魔弾グローリー・ゲート》に頼りがちです。小型を盤面に並べたあとの《暗黒皇グレイテスト・シーザー》を合わせたリーサルのみに気をつけて、除去と手札枚数をしっかり管理すればそれほど難しい対面ではありません。

8.弱点・対策方法

各対面考察を見ていただければわかる通り、【5色フュージョン】にとって有利だ!と自信をもって言い切れる対面そのものがまず殆どありません。結局のところ《フェアリー・ミラクル》が打てるかどうかに勝負が掛かっているからです。極論、動きがガタついてる時に雑にビートを仕掛けるだけで勝ててしまいます。

対策としてはやや不十分かもしれませんが、強気に出ることが大事です。【5色フュージョン】は現環境において速度的にどのデッキにもやや劣っているため、一旦受けに回って勝つことを意識しており、各対面の対策がカツカツです。強気にガシガシいくと割と貫通します。

デッキ相性で抹殺したい時には【エンペラー・キリコ】または【光水闇ナイト】のどちらかがいいと思います。

9.おわりに

いかがでしたでしょうか?【5色フュージョン】はやや安定性には欠けるものの環境級のデッキとして劣らないパワーがあり、何よりマナを貯めて一気に大型を放出する様はとても気持ちがいいデッキです。

この記事を見て参考になった方が一人でもいれば幸いです。

意見、質問、ご感想等有ればコメントにお願いします。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

#BEANS

#BEANS

デュエプレ環境調査グループ(#BEANS)です。 今日もデュエプレ攻略がんばるぞー!

ランクマッチ ランキングボーダー

アーカイブ

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
TOP