バトルアリーナ7th 大会レポート ヨ・チャン

大会レポート

こんにちは、ヨ・チャンです。

今回は先日行われたバトルアリーナ7thの大会レポートを書かせていただきます。一応Bブロックベスト8まで行くことができたので、これを読んでくださる皆さんのお役に少しでも立てればと思います。

使用デッキ:黒緑Bロマノフ

結果:Bブロックベスト8

【デッキ選択】

今回バトルアリーナのデッキを選ぶ際に意識したことは、

「全てのデッキに五分前後の勝率が取れてあとはプレイング、構築、運で乗り切れるデッキを選ぶこと」でした。

当初第1候補としてはルピアラピアを採用したNEXガントラを使用する予定でした。理由としては現環境にいるバルガライゾウ、エンペラーキリコ、バイオレンスフュージョンなどの5c系、bロマノフはターンが経てば経つほど脅威になるため、そうなる前に殴りきれば勝てると考えたからです。

しかしルピアラピアが引けない場合盾を刻みに行くのが遅れてしまい結局そこまで高い勝率を出せませんでした。2コスのアタッカーを増やす案もありましたがデッキパワーが低くなりすぎてそれはそれで勝てなくなってしまったため、最終的にはデッキパワーも高く、以前から握っていて手に馴染んでいたbロマノフで挑むことになりました。

bロマノフだと速攻がキツくて「全てのデッキに五分前後の勝率が取れてあとはプレイング、構築、運で乗り切れるデッキを選ぶこと」に当てはまらないのでは?と思われるかもしれませんが、次の【デッキ構築】で述べるデスマーチと進化設計図の存在によりその問題を解消しました。

ちなみにエンペラーキリコ、バルガライゾウも運次第で全体面五分前後の勝率が取れますが、構築やプレイングにあまり差が出ず運の要素が強すぎると感じたので不採用となりました。

【デッキ構築】

・デスマーチ(4枚)

このデッキの核。黒緑bロマではなく、黒緑デスマーチと言っても過言ではないレベル。速攻対面にはブロッカー兼トンカチ要員になり、遅い対面には序盤の盾詰め、1マナSAの打点兼キングアルカディアスの生贄にもなる。本当に腐る対面がないため文句無しの4枚採用。なんなら8枚くらい採用したかった…!

・進化設計図(3枚)

進化獣15枚採用のため、平均2〜3枚はドローでき、2コスST付き呪文としては破格のコストパフォーマンス!速攻対面に安定してデスマーチを出すため多めの3枚採用。2コスのため他の動きも邪魔せず唱えられ、トップで引いても強かったです。

・ダンディナスオ、フェアリーライフ(各1枚)

このデッキの初動であるダークライフ・ボーンおどりチャージャーが担う墓地肥やしとマナブーストの9枚目として、各々1枚ずつ採用。初動が9枚あれば3ターン目までに引ける確率が9割超えると誰かが言ってました笑

・ヤミノザンジ(4枚)

当初は黒緑速攻を見てヤミノサザンを採用していたがデスマーチの採用により、こちらの方が広い対面見れると思い差し替え。

・bロマ、デスドラゲリオン(各3枚)

従来のリストであれば4確だと思われるが、進化設計図や羅月スカルで十分拾えるので3枚。bロマはハルヴェルドやカラフルダンスの不採用により召喚条件を満たすまで時間がかかり、序盤は腐ってしまいがち。デスドラゲリオンはヴィルジニア卿不採用によりマナが減った後の動きが弱く、8マナ以上溜まってから出したいのでこちらも序盤は腐りがち。これらのことから1枚ずつ削り、初動に枠を回した。

・神羅スカルムーン(2枚)

ミラーやフュージョンに強く、羅月スカルはドロソとしても優秀なので採用。お清めトラップを撃たれた返しに羅月スカルを出せばまた墓地を肥やせる点も強かった。他の進化獣は3枚以上積んでいるがこのカードだけ2枚なのは進化元を必要とする以上、トップで引いた時に腐ってしまう場面があるため。

・ヴァーズロマノフ(3枚)

従来のbロマデッキが苦手とするゼンアク、ミルザム、ヘヴィメタルや相手の小型ブロッカーなど、わりと広い対面に刺さるため3枚の採用。bロマやデスドラゲリオンよりも召喚条件が緩く、腐りづらかったため4積みでも良かったかも?

・その他

前回大会ベスト8のジューマルさんが剣誠デッキにボルメテウス武者ドラゴンやアクアサーファーを採用していて、それを見てデッキ非公開・bo1において相手の意表をつくカードを採用することの重要さを感じたため、今回の自分の構築もそれを意識してダンディナスオ、ヴァーズロマノフなどを採用した。

【当日の結果】

〈予選〉

1回戦 bロマ ◯

2回戦 赤白速攻 ◯

3回戦 5cコン ◯

4回戦 黒ガントラ ◯

5回戦 黒緑速攻 ◯

6回戦 青単サイバー ◯

7回戦 黒ガントラ ×

8回戦 フュージョン ◯

〈予選トーナメント〉

1回戦 フュージョン ◯

2回戦 キリコ ×

(勝因)

bロマミラーはこちらの初動が遅いため不利寄りのマッチアップでしたが、先2ナスマーチを決めて先に殴り勝つことが出来たのがめちゃめちゃ偉かった😭

また全10試合のうち、最後の10試合目以外は毎回3ターン目までに初動を引けたのも大きかったです。

キリコやバルガライゾウの上振れ時の破壊力には流石に太刀打ちできないので、最後敗退するまで避け切ることができたのも良かったです。

(敗因)

最後の10試合目に事故ってしまい、5ターン目からスタートになってしまった。運も実力のうちだと思うので仕方ないです。当日の朝神社にお参りに行ったのですが思い届かずでした…😢

【次回に向けての反省、振り返り】

個人として、前回大会は予選トーナメントのベスト16で敗退してしまったので、今回ベスト8という形でそれを超えることができたので満足です笑

もちろん悔しい気持ちはめちゃめちゃありますが時間をかけて調整をして、ある程度の結果を残せたのでデッキ選択に間違いは無かったと思ってます。最後事故ってしまったということもあり、運がもう一踏ん張りしてくれたら決勝トーナメントまで行けたかもなーなんて思ってます!

また次回も頑張るぞ!🔥

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

#BEANS

#BEANS

デュエプレ環境調査グループ(#BEANS)です。 今日もデュエプレ攻略がんばるぞー!

ランクマッチ ランキングボーダー

アーカイブ

2022年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
TOP