【ND】よくわかる闇自然(黒緑)速攻解説【第13弾環境】 

NDデッキ解説

1.はじめに

こんにちは、らめどと申します。

今回はその速度と安定感で現環境を席巻しているNDの【闇自然速攻】(通称:黒緑速攻)について解説していきます。

目次

1.はじめに

2.デッキリスト

3.特徴

4.動かし方

5.採用カード解説

6.採用カード候補

7.弱点・対策方法

8.おわりに

2.デッキリスト

超次元ブラフは任意で

tier:2 (4/15時点)

必要DMポイント:6900

レアリティ枚数合計
ベーシック00
18900
UC131300
51500
VR43200
SR00

デッキコードはこちらから

3.特徴

今回紹介する【闇自然速攻】は《死神術士デスマーチ》を筆頭にした良質な墓地進化クリーチャーを主軸に早期決着を目指すデッキです。

現在の主流は《ダンディ・ナスオ》 の墓地肥やしを安定させるため黒の3コスト以上のS・トリガー持ちのクリーチャーを数枚採用する形になります。

また、比較的必要DMポイントが低いこともあり初心者の方にもオススメできるデッキになっています。

4.動かし方

1ターン目は出せるクリーチャーがいる場合は召喚します。

2ターン目は《ダンディ・ナスオ》 から1コストクリーチャーに繋げられる場合は《ダンディ・ナスオ》を優先し、それ以外では3ターン目の動きを考えて《竜音のゼクス》や《夢見がちモッフル》を召喚します。
事前に《緊縛の影バインド・シャドウ》を事前に召喚できている場合は《無頼封魔アニマベルギス》でもいいです。
ただ《スナイプ・モスキート》を召喚していた場合は《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》の有無によっては攻撃しない選択肢も充分にあるため次のターンに2マナでも行動可能かどうかを考えて攻撃するか判断してください。

3ターン目以降は状況にあわせてその状況に見合ったクリーチャーを召喚していきます。

進化クリーチャー12枚に実質スピードアタッカーの《無頼封魔アニマベルギス》と実質16枚体制なのでトップ勝負になっても充分に勝機はあります。

理想ムーブとして1ターン目に《スナイプ・モスキート》からの2ターン目に《ダンディ・ナスオ》→《死神術士デスマーチ》で攻撃して2点、3ターン目に《無頼封魔アニマベルギス》を召喚して攻撃すればノートリ条件とはなりますが3ターンキルも可能です。

5.採用カード解説

①《死神術士デスマーチ》《鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー

メインとなる墓地進化クリーチャーです。基本的には1コストで効果で実質パワー5000の《死神術士デスマーチ》の方が優先度は高いですが、パワーを参照とした除去やブロッカー除去などもあるため相手のデッキに合わせて使用して下さい。

②《緊縛の影バインド・シャドウ》《スナイプ・モスキート

1コストのクリーチャーでどちらもメリットともデメリットとも取れる能力になっています。
緊縛の影バインド・シャドウ》はこちらの墓地進化クリーチャーがタップ状態で場に出るのは明確なデメリットですがミラーや【闇自然B・ロマノフ】相手だとタイミングよく召喚できれば相手を妨害することができます。
スナイプ・モスキート》も出してすぐに攻撃してしまうと2マナで固定されてしまいますが攻撃するタイミング次第では擬似的な手札補充として使用することもできます。

③《竜音のゼクス》《ダンディ・ナスオ》 

墓地進化クリーチャーの進化元を墓地に送るためのクリーチャー達です。
特に《ダンディ・ナスオ》については効果によって実質1コストとして運用できることやマナに高コストS・トリガー持ちのクリーチャーがいて場に《スナイプ・モスキート》がいる場合は実質探索でのサーチが可能となったり、闇マナが無い場合に闇の低コストを探索して色事故を軽減したりと様々な使い方ができます。

④《無頼封魔アニマベルギス

ブレイク数+1と実質的なスピードアタッカー持ちでありとても強力です。
多色の事故要因でもあるため複数枚手札に溜めないようにだけ留意しましょう。

⑤《密林の総督ハックル・キリンソーヤ

最軽量のマナ進化クリーチャーです。効果も強力で《霊王機エル・カイオウ》 や《機械提督デリンダー》 などのクリーチャーを超えられますが召喚時マナが減るため特に《スナイプ・モスキート》と併用して使う際は注意が必要です。

⑥《炸裂の影デス・サークル》《ヤミノサザン》《死神ヤミノザンジ》《邪眼死爵ゲーネフ卿

S・トリガー持ちのクリーチャー達で基本的には《ダンディ・ナスオ》 からマナに埋められて墓地を肥やす要因となります。
採用枚数を一枚ずつにすることで《ダンディ・ナスオ》の探索でヒットしやすいようにしています。

6.採用カード候補

①《変身人形イルルカ

竜音のゼクス》と同様に墓地を肥やすことのできるクリーチャーですが、墓地肥やしの発動タイミングが最速3ターン目と遅いため5枚目以降の《竜音のゼクス》として採用します。

②《怒髪の豪腕》 

夢見がちモッフル》との選択枠や自然枠を増やしたい時の追加枠になります。
夢見がちモッフル》とは明確な優劣は無いため環境を見て入れ替えてください。

7.弱点・対策方法

弱点としては小型クリーチャーで固められているため、パワーラインを参照とした範囲除去に脆いことが挙げられます。《火焔タイガーグレンオー》、《聖鎧亜ジャック・アルカディアス》のような2体以上を止めることができる強力なS・トリガーや《ローズ・キャッスル》、《ノーブル・エンフォーサー》のような低コストの範囲除去や妨害などで対応することが可能でしょう。

また、強力なS・トリガーを複数枚積むことのできる【ガントラビートダウン】や小型ブロッカーが無理なく採用され《白騎士ゲート》から《奇跡精霊ミルザム》を場に出すことのできる【白騎士】などは比較的に有利なデッキタイプと言えるでしょう。

8.おわりに

いかがでしたでしょうか?

闇自然速攻】というデッキタイプは必要DMポイントも少ないため初心者に優しいデッキとなっていて、環境の中心として幾度となく最終レジェンド達成者を出しているデッキなので使用したことが無い方もこれを機に使用して頂ければ幸いです。

疑問点や改善点などございましたら適宜対応しますのでコメントお願いします。

らめど

らめど

サイトの副管理人兼まめさんの奴隷です。 ちなみにサムネはデリバード。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

#BEANS

#BEANS

デュエプレ環境調査グループ(#BEANS)です。 今日もデュエプレ攻略がんばるぞー!

ランクマッチ ランキングボーダー

アーカイブ

2022年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
TOP